読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勤務先のLT大会でghqとgem-srcなどの話をした

ビールと秋吉の焼き鳥 185 本 (持ち帰り) をつまみながらの社内イベントだった。

当日の様子は新卒氏によってまとめられた Toggeter をどうぞ。

togetter.com

発表途中で足下のケーブルを抜いてしまったため (千鳥足?) 、心の目で見てもらうことになった私の発表スライドはこちら。

www.slideshare.net

ここ数ヶ月で ghq や gem-src について何人かに話したのもあって、社内向きにまとめて話す機会として取り挙げた。

以下はスライドに入っていない付録。

GitHubGitHub Enterprise 上のソースコード~/git ディレクトリ直下に git clone を使って置いているスタイルから、ghq でのリポジトリ管理のスタイルにする雑なざっくり手順。ghq root は自分のまわりに多い ~/src としている。

# ghq のインストールに go を使う
% brew install go
# ghq のインストール
% ghq get https://github.com/motemen/ghq
# ghq root の設定
% git config --global ghq.root ~/src
# gem-src のインストール
% git clone https://github.com/amatsuda/gem-src.git ~/.rbenv/plugins/gem-src
# gem-src で取得したソースコードの配置先の設定
% echo "gemsrc_clone_root: ~/src" >> ~/.gemrc
# リポジトリ管理するディレクトリの変更 ***注意***
% mv ~/git ~/src
# ghq_transfer のインストール
% gem install ghq_transfer
# ghq_transfer の dry run 実行
% ghq_transfer --dry-run
# ghq_transfer の本実行 ***注意***
% ghq_transfer --valth

あ、これコマンドやディレクトリの存在確認とかもろもろ手をいれて形にすれば、インストールから一発で行う機能として ghq_transfer あたりに盛り込める気がしてきた。気が向いたら考えてみよう。