和ジビエ、猪鍋を貪る会だった?

目白住宅街のふつうの民家で経営されている料理人兼猟師のお店で本格的な猪鍋はじめ諸々の料理をいただいた。日本酒やワインも厳選されている感じで舌鼓を打ちつつ楽しい夜だった。

写真がぶれているけれど、ふすまを空けた押し入れの酒が神棚みたいになっててすごかった。

f:id:koic:20161026203125j:plain