Active StorageとRails 5.2の展望について考える

This separate repository is a staging ground for eventual inclusion in rails/rails prior to the Rails 5.2 release.

Active Storage の Roadmap に書かれている上の引用をどう読むかだけれど、仮に Active Storage を rails/rails リポジトリに含んだうえで Rails 5.2 のリリース機能となると見たとき、Active Storage は Travis CI では Ruby 2.2 を動かしていないことと、Rails 5.2 がリリースされる頃には Ruby 2.2 が EOL もしくはそれに準じた位置づけになっているであろう予測から、Rails 5.2 は Ruby 2.3 以上が動作対象となるということがあり得るのではと考えていたりしていた。