読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruby Business Users Conference 2017

2年ぶりに参加してきた。

http://www.rubybusiness-conf.org

せっかくなので出しておいた LT の CFP がとおったので、トークという意味でも2年前の講演から1年置いて2年ぶり2回目の参加。

以下は当日の発表スライド。

www.slideshare.net

去年の XP 祭りや、勤務先の福井オフィスで再放送した新卒氏との発表の続編というかサイドストーリーといった内容で、主にメンター側としてどういった成長曲線を考えて「読み書きそろばん」ができる (勤務先事業部における) 一人前のプログラマーを目指すかといった話。

「コードを読めなければ書けない、書けなければ見積れない」といった GitHub 登場以前の1周目からの課題に加えて、GitHub 登場後のコードレビュースタイルを加えた「読み書きそろばん」2周目の課題が話の中核で、そのあたりを中心に話を組み立てている。スライドを見てそのあたりの話に興味のある人は、地域.rb なんかでコンタクトをとってもらえると嬉しい (Ginza.rb / Shibuya.rb / 西日暮里.rb / 表参道.rb あたりにちょくちょくお邪魔している) 。

イベント全体としては、初回開催の2年前よりも会場の空気がこなれている感があって、過去2年の実績について主催の Ruby Association からの開催報告がインターネットに出ていることで発表者としては CFP を出す傾向と対策を立て易く、参加者としてはどんなイベントのイメージが何かしらできる状態になってきているのかなと思っている。個別の講演内容については、みよひでさんの素敵なエントリまで。

あと、かくたにさんが言っている以下のとおり、開催規模的にも懇親会なんかで Matz に話しかけやすいと思うのでオススメ。

懇親会で Ruby の実装に C++ を選ばなかった4つの理由など聞けたりしていた (質問の元ネタは、RHG に書かれていた ruby-talk で発言されていたという “I hate C++.” となる) 。